お気に入りに追加 ページを印刷する

ホーム ご法事について ご法事の基礎知識

ご法事の基礎知識

ご法事とは

ご法事とは、本来は仏教の行事全般のことを言いますが、普通は追善供養(遺族が故人の冥福を祈る仏教儀式)のことをいいます。

追善供養とは、故人のために後から追って善いごとや福を捧げる行いで、こうした法事を行うことで故人や先祖の霊が安らかにすごすことができるといわれています。法事の規模はさまざまで、家族だけで営む小規模のものから大規模なものまであります。

法事はいつ行うのでしょう[仏式の場合]

法事は、本来「いつ」を気にするものでもありませんし、義務として勤めるものでもありませんが、一般的な法事の時期は以下のようになります。

忌日法要の時期

亡くなった方の命日から数えて、7日ごとの、「初七日(しょなのか)」、「二七日(ふたなのか)」、「三七日(みなのか)」、「四七日(よなのか)」、「五七日(いつなのか)」、「六七日(むなのか)」、「七七日(なななのか)」の7回を忌日としています。

中でも「初七日」と「七七日」にあたる「四十九日」は特に特に重視されています。

初七日は葬儀の際に併せて行われることが増えていますが、「四十九日」は、霊園での法事を営まれることが一般的です。

また、一般には「四十九日」までが「忌中」とされ、「四十九日」の時には、位牌の開眼やお墓への納骨法要を行うことも多いようです。

年忌法要の時期

年忌法要は、何年かおきの命日に行う法要です。一般には、死亡した翌年に行う「一周忌」をはじめに、翌々年に行う「三回忌」、「七回忌」、「十三回忌」、「十七回忌」、「二十三回忌」、「二十七回忌」、「三十三回忌」と行います。

一般には「三十三回忌」を最終の年忌にすることが多く、これを「弔い上げ」、「門切り」と呼びます。

Page Top

Page Top