お気に入りに追加 ページを印刷する

ホーム お墓の建立について お墓の形やポイント

お墓の形やポイント

墓石のタイプ

和型墓石

江戸時代から広く使われている伝統的な墓石です。現在も日本の墓地の多くはこの和型です。 一番上に家名などを掘る竿石、次いで上台石、中台石、そして一番下に芝台石といわれる敷石を置いた四段構造(和型四段構造)、あるいは芝台石を置かない三段構造(和型三段構造)が基本構造です。

洋型墓石

見た目がモダンで、お墓としての格調も高いので、最近人気があります。ガーディニング霊園や西洋風霊園の出現によって登場した墓石とも言えます。 洋型墓石には家名ではなく、「愛」とか「心」といった自分の好きな文字を彫ったり、レリーフをほどこす人たちもいます。それがよく似合うのが洋型墓石の特長です。

墓石を決めるポイント

末永く美しい石であること

墓石に適した石には、一般的に3つの条件があります。はじめに「硬さ」です。硬い石は磨くほど光沢が出る特徴があり、美しさは硬さの証明でもあります。次に「水の吸いにくさ」です。石に入り込んだ水は、墓石を内部から風化させます。そして「均一性」。色ムラやキズも劣化の大きな原因となります。

当霊園では、品質チェックを充分に繰り返した、末永く美しい墓石のみをご提供しています。

地震に強い構造であること

近年、日本各地を襲った大震災では、墓石の倒壊被害が多発しています。重さのある墓石は、補修作業も容易ではなく、倒壊した場合に破損する可能性もあります。これらにかかる費用は決して少ないものではなく、適切な耐震工法が施されていなければなりません。

確かな技術の業者に依頼すること

デザイン性や彫刻技術は、お墓の印象を大きく左右します。お客様の個々の要望に柔軟に対応できる、高い技術を持った業者選びが必要です。

Page Top