千葉霊園 南無の郷霊園/第2南無の郷霊園

樹木葬、永代供養墓、法事施設を備えた千葉最大規模の大型霊園

フリーダイヤル:0120-760-310(電話受付時間:9時〜17時・水曜定休日)
来園予約
資料請求
  • トップページ
  • ご法事・サービス
  • ご法事について
  • 南無の郷霊園のご法事
南無の郷霊園のご法事

南無の郷霊園のご法事

1. 法要の日程を決める

まずは霊園でのご法事をご予約ください。

ご予約は、実施予定日の6ヵ月前から霊園受付、043-461-7448にて受付けております。

当日の段取りにつきましても、しっかりお話し合いの上、お電話で、詳しく決めていきます。

2. お寺等への連絡

ご法要の際には、必要な僧侶、神官等のお手配を承ります。

3. 持参品の準備

一般的には、ご仏前・お供物・数珠などですが、ご法要の時期によって異なりますので、お電話いただきました際に、霊園スタッフからご説明させていただきます。

4. 法事室でご法要

「法事室」はその完成以来、たくさんの方々にご使用いただいております。設備の整った屋内で、厳寒、猛暑、雨の日でも安心して法要を営めるため、大変好評を得ております。

収容人数24名ほどのゆったりとしたスペースの中で、厳かに法要が執り行われます。宗派にとらわれず、どなたでもご使用いただける施設です。

また、法事の前には180人以上がゆっくりとおくつろぎいただける、休憩所をご利用いただけます。

法事室

ロビー待合室・休憩所

360°パノラマビュー

管理棟内 法事室

ご法要に利用いただけます。事前のご相談で僧侶の手配も承ります。

パノラマビュー(Googleストリートビュー)の操作

辺りを見回すには:マウスをドラッグします。コンパスの左右にある矢印を使うこともできます。

ズームイン・アウト:マウスホイールでスクロールします。コンパス下の+と-を使うこともできます。

360°パノラマビュー

管理棟内 ロビー奥

お盆やお彼岸などの時期にも、広くゆったりくつろげる休憩所です。

パノラマビュー(Googleストリートビュー)の操作

辺りを見回すには:マウスをドラッグします。コンパスの左右にある矢印を使うこともできます。

ズームイン・アウト:マウスホイールでスクロールします。コンパス下の+と-を使うこともできます。

5. 会食室でお食事

おもてなしの準備が整った、霊園内の和の会食室(4室)・洋の会食室(バリアフリー対応4室)をご利用いただけます。

心なごむおもてなしで皆様をお待ちしております。

和の会食室

洋の会食室

本格ご法要料理のおもてなし

ご会食は、繊細で彩り豊かな懐石料理の数々からお選びいただけます。

360°パノラマビュー

管理棟内 和室

畳が心地よい3室をご用意(数室を繋げて大人数の利用も可能です)。

パノラマビュー(Googleストリートビュー)の操作

辺りを見回すには:マウスをドラッグします。コンパスの左右にある矢印を使うこともできます。

ズームイン・アウト:マウスホイールでスクロールします。コンパス下の+と-を使うこともできます。

360°パノラマビュー

管理棟内 洋室

立ち座りが便利な5室をご用意(数室を繋げて大人数の利用も可能です)。

パノラマビュー(Googleストリートビュー)の操作

辺りを見回すには:マウスをドラッグします。コンパスの左右にある矢印を使うこともできます。

ズームイン・アウト:マウスホイールでスクロールします。コンパス下の+と-を使うこともできます。

6. 引き出物の手渡し

ご法事のときにご利用いただける引出物を取り扱っております。すてきなカタログギフトからお品物を手配いたします。

ご質問・ご相談はお気軽に

霊園事務所にお問い合わせください。

経験豊かなお墓ディレクターが対応致します。

資料請求

千葉霊園 南無の郷霊園 お墓にまつわるコラム 目次一覧【クリックで開きます】

シングルでエンディングに備えるときのポイント

一人暮らしの人が亡くなったときには、次のような手続きが必要になります。

  • 知人や友人への死亡の連絡
  • 死亡届の提出
  • 預貯金などの財産の確認
  • 病院や施設に入院・入居していた場合は、その支払と後片付け
  • 葬儀の手配と執行
  • 火葬の手続きから埋葬まで
  • 遺品の整理
  • 遺産相続の手続き
  • 保険・年金・税金・銀行などの死後の事務所手続きや、カードなどの解約・返却など
  • 年忌法要

このような死後のことは、公正証書に記して、自分の意志に沿って実行してくれるご友人や、団体(生前契約システム)に託しておくとよいでしょう。

生前契約システムでは、プライバシーに配慮した私物の処分や、残されたペットの取り扱いなども、事前に話し合って取り決めることができます。

もし、一人暮らしで生前の準備をされていない場合は、自治体が遺体の火葬などを執り行い、財産は、相続人の該当者がいなければ、自治体から委託された財産管理人が全て処理することになっています。

生前準備サービス選びのチェックポイント

生前準備サービス(生前準備システム)の内容は、事業者によって様々で多岐に渡りますが、ひと言でいうと「本人の意志に沿ったエンディングを実現するためのサポート」と言えますが、大きく分けて「生前契約」と「生前予約」の二つがあります。

生前契約は、死後の家族の役割全般を代行するシステムと言えますが、細やかな契約を公正証書で締結することが一般的です。

  • 委託する内容を詳細に決める。
  • 委託する内容にかかる費用の支払い方法を明確に決める。
  • 内容を契約書にして契約を結ぶ。

生前予約は、生前契約よりもゆるやかなもので、葬儀社などが提供していることが多いものです。こちらは、「どのような葬儀をしてほしいか」等の詳細を自分で決めておくことが出来ます。

いずれの場合でも、大切なのは、自分に合っているのはどの団体・業者のサービスなのかを判断することです。特に、生前契約には、普段のコミュニティ活動や日常生活の支援サービスを行っている団体も多くありますので、しっかりと情報を収集して選ぶようにしましょう。